広告
労働トラブルの解決

労働問題を自治体の相談窓口やあっせんで解決する場合

労働問題の解決手段としては労働基準監督署や労働局、弁護士や司法書士に依頼する裁判手続きなどが代表的ですが、会社側が話し合いに応じるような事案では都道府県の設置した相談窓口を利用して「あっせん」の手続きなどで解決を図ることが可能なケースもあります。
労働トラブルの解決

労働問題の解決に使える!弁護士・司法書士のADRという手続

労働問題の解決には裁判所における裁判や労働局の紛争解決援助の手続きなどがありますが、その事案によっては弁護士会や司法書士会が主催するADRの手続きを利用して解決を図ることも可能です。
労働トラブルの解決

労働問題の裁判は弁護士と司法書士のどちらに依頼するべきか

労働トラブルを裁判所の裁判で解決しようと考える場合は弁護士か司法書士に依頼するのが通常ですが、弁護士と司法書士のどちらに依頼する方がよいのでしょうか?弁護士に依頼するのと司法書士に依頼するのとで結果や手順に違いは生じるのでしょうか?
労働トラブルの解決

労働局の紛争解決援助(助言・指導・あっせん)手続の利用手順

雇い主との間で発生した労働トラブルは労働局が実施する紛争解決援助の手続き(助言・指導・あっせん)を利用することで解決が見込めるケースもあります。このページでは、労働局の紛争解決援助の手続きの利用方法や利用する際の注意点などを解説しています。
労働トラブルの解決

労働基準監督署への労働基準法違反の相談・申告手順と注意点

被害を受けている労働トラブルが「労働基準法」に違反する部類のトラブルである場合には、労働基準監督署に労働基準法違反の申告を行うのも労働トラブルの解決方法として有効です。
退職一般

バイトや契約社員が契約期間内でも会社を辞められる3つのケース

有期雇用契約では契約期間中の退職はできないのが原則ですが「契約期間が3年を超える場合」「やむを得ない事由がある場合」「契約期間の初日から1年が経過した場合」の3つでは契約期間の途中でも退職することが認められています。
退職の妨害

退職届を出すと暴行・監禁される場合でも安全に会社を辞める方法

悪質なブラック企業では、従業員の退職を防ぐため退職の意思を表示した労働者を会議室などに監禁して暴行を加えたり、自宅に押し掛けたりして退職を妨害するケースが見られます。このような場合、具体的にどのように対処すればよいのでしょうか?
退職の妨害

「退職しない」旨の誓約書を根拠に会社が辞めさせてくれない場合

「〇年〇月までは辞めません」とか「〇年〇月までは自らの意思で退職しません」という誓約書にサインをした場合、その誓約書に記載された期間が経過するまでは会社を退職することができなくなってしまうのでしょうか?また、そのような誓約書に署名したことを理由に会社が退職を妨害している場合、具体的にどのように対処すればよいのでしょうか?
広告