労働トラブルの解決

スポンサーリンク
解雇の無効

労働局に援助/あっせん/調停の相談をして解雇された場合の対処法

このページでは、労働局の「紛争解決援助」「あっせん」「調停」の手続きを利用したこと、またはそれらの手続きの相談をしたことを理由に解雇された場合の対処法について解説しています。
労働トラブルの解決

労働問題の解決に利用できる7つの相談場所とは

勤務先の会社で労働トラブルに巻き込まれた場合には具体的な解決手段をとる必要がありますが、その方法は大きく分けて「労働基準監督署」「労働局」「都道府県(自治体)」「都道府県の労働委員会」「弁護士会・司法書士会のADR」「弁護士または司法書士」「労働組合」の7つに分類されます。
労働トラブルの解決

労働委員会の相談・あっせん等を利用して労働問題を解決する場合

労働問題の解決手段としては労働基準監督署に労基法違反の申告をしたり裁判所の裁判手続きを利用するのが一般的ですが、各都道府県に設置された労働委員会の「相談」事業や「あっせん」の手続きを利用して解決を図ることも可能です。
労働トラブルの解決

労働問題を自治体の相談窓口やあっせんで解決する場合

労働問題の解決手段としては労働基準監督署や労働局、弁護士や司法書士に依頼する裁判手続きなどが代表的ですが、会社側が話し合いに応じるような事案では都道府県の設置した相談窓口を利用して「あっせん」の手続きなどで解決を図ることが可能なケースもあります。
労働トラブルの解決

労働問題の解決に使える!弁護士・司法書士のADRという手続

労働問題の解決には裁判所における裁判や労働局の紛争解決援助の手続きなどがありますが、その事案によっては弁護士会や司法書士会が主催するADRの手続きを利用して解決を図ることも可能です。
労働トラブルの解決

労働問題の裁判は弁護士と司法書士のどちらに依頼するべきか

労働トラブルを裁判所の裁判で解決しようと考える場合は弁護士か司法書士に依頼するのが通常ですが、弁護士と司法書士のどちらに依頼する方がよいのでしょうか?弁護士に依頼するのと司法書士に依頼するのとで結果や手順に違いは生じるのでしょうか?
労働トラブルの解決

労働局の紛争解決援助(助言・指導・あっせん)手続の利用手順

雇い主との間で発生した労働トラブルは労働局が実施する紛争解決援助の手続き(助言・指導・あっせん)を利用することで解決が見込めるケースもあります。このページでは、労働局の紛争解決援助の手続きの利用方法や利用する際の注意点などを解説しています。
労働トラブルの解決

労働基準監督署への労働基準法違反の相談・申告手順と注意点

被害を受けている労働トラブルが「労働基準法」に違反する部類のトラブルである場合には、労働基準監督署に労働基準法違反の申告を行うのも労働トラブルの解決方法として有効です。
スポンサーリンク