労働トラブルの解決

スポンサーリンク
解雇の無効

労働局に援助/あっせん/調停の相談をして解雇された場合の対処法

このページでは、労働局の「紛争解決援助」「あっせん」「調停」の手続きを利用したこと、またはそれらの手続きの相談をしたことを理由に解雇された場合の対処法について解説しています。
労働トラブルの解決

労働問題の解決に利用できる7つの相談場所とは

勤務先の会社(個人事業主も含む)で何らかの労働問題に巻き込まれた場合、具体的な行動を起こしてそのトラブルに対処することが求められます。 この点、労働トラブルの具体的な対処法は様々ですが、現在の日本で労働トラブルの解決に利用できる対処法...
労働トラブルの解決

労働委員会の相談・あっせん等を利用して労働問題を解決する場合

勤務先の会社で労働トラブルに巻き込まれた場合、具体的な行動を起こしてそのトラブルの解消に努める必要があります。 労働トラブルが発生している場合には勤務先の会社(個人事業主も含む)が何らかの法令違反や雇用契約違反行為をしていることが推測...
労働トラブルの解決

労働問題を自治体の相談窓口やあっせんで解決する場合

労働問題を解決する手段としては、「労働基準監督署への労働基準法違反の申告」や「労働局の紛争解決援助の手続き」、あるいは弁護士や司法書士に依頼して裁判所の裁判手続きを利用するなど様々な方法がありますが、一番簡単で手っ取り早く、しかも経済的負担...
労働トラブルの解決

労働問題の解決に使える!弁護士・司法書士のADRという手続

労働問題の解決方法としては、労働基準監督署への労働基準法違反の申告や労働局の紛争解決援助の手続き、あるいは弁護士や司法書士に裁判を依頼するなど様々な方法がありますが、それら以外で意外と労働トラブルの解決に使えそうなのが「ADR」という手続き...
労働トラブルの解決

労働問題の裁判は弁護士と司法書士のどちらに依頼するべきか

勤務している会社(個人事業主も含む)で労働問題に関する被害に遭った場合、最終的には裁判を行って解決を図るしかないケースもあるのが現実です。 その場合、法律の専門家に依頼して裁判手続きを進めるのが一般的ですが、法律の専門家といっても日本...
労働トラブルの解決

労働局の紛争解決援助(助言・指導・あっせん)手続の利用手順

労働トラブルを解決する手段としては、労働基準監督署に労働基準法違反の申告を行う方法や弁護士・司法書士に依頼して裁判を行う方法などいくつかの方法が考えられますが、意外と知られていないのが「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」に基づいて行...
労働トラブルの解決

労働基準監督署への労働基準法違反の相談・申告手順と注意点

被害を受けている労働トラブルが「労働基準法」に違反する部類のトラブルである場合には、労働基準監督署に労働基準法違反の申告を行うのも労働トラブルの解決方法として有効です。
スポンサーリンク