退職一般

広告
退職一般

退職届・退職願の退職日と提出日はいつの日付けを記載すべきか

このページでは、退職届(または退職願)を作成する場合、その退職日と提出日は具体的に「いつ」の日付を記載すればよいかといった点について解説しています。
退職一般

契約期間の途中で辞めても損害賠償請求されるとは限らない理由

このページでは、有期労働契約の契約期間が満了する前に退職する場合であっても必ずしも損害賠償請求されるされるわけではないという点について解説しています。
退職一般

「退職後〇年間は同業他社に転職しない」旨の誓約は有効か

このページでは、会社から求められて「退職後〇年間は同業他社に転職しない」旨の誓約書にサインしたことによって同業他社に就職することを制限されている場合の対処法等について解説しています。
退職一般

最低勤務期間が満了する前に退職できるか

アルバイトや契約社員の求人では契約期間とは別に「最低勤務期間」が設定されているものがありますが、最低勤務期間が満了する前に退職することはできないのでしょうか?
退職一般

退職する際に入社祝い金(支度金)の返還を請求された場合

入社する際に入社祝い金(支度金)の支給を受けられる会社では、入社後一定期間が経過する前に退職する場合に受領した入社祝い金(支度金)の返還を求められるケースがあります。そのような場合、その返還請求に応じなければならないのでしょうか?
退職一般

退職届(退職願)の撤回ができる場合とできない場合

退職届(退職願)の撤回は具体的にどのようなケースで認められるのでしょうか?また会社が退職の撤回に応じない場合はどのように対処すればよいのでしょうか?
退職一般

退職届・退職願は退職日の何日前までに提出すべきか

仕事を辞める場合は退職届(退職願)を提出して退職の意思表示を行うのが通常ですが、その退職届(退職願)は具体的に退職希望日の何日前(何週間、何か月前)までに提出する必要があるのでしょうか?
退職一般

自己都合退職にしないための退職届・退職願の記載例

セクハラやパワハラ、賃金や残業代の未払いなどを理由に退職する場合に提出する退職届(退職願)には具体的にどのような文言を記載すればよいのでしょうか?「一身上の都合により…」と記載した退職届(退職願)を提出してしまうと自己都合退職として処理されてしまい不都合が生じるため問題となります。
退職一般

バイトや契約社員が契約期間内でも会社を辞められる3つのケース

有期雇用契約では契約期間中の退職はできないのが原則ですが「契約期間が3年を超える場合」「やむを得ない事由がある場合」「契約期間の初日から1年が経過した場合」の3つでは契約期間の途中でも退職することが認められています。
広告